分譲と注文の違い

分譲マンション

注文住宅には様々なメリットがあります。
費用をかけることによって希望通りの家を建設できることは当たり前のことですが、それに伴って受ける恩恵があります。
例えばメンテナンスのしやすい構造にするのもそのひとつです。
住宅を長持ちさせるためには普段の手入れが不可欠となりますが、それを行いやすく自分で設計できるわけです。
そのための素材も選ぶことができるので、塗料を耐久性の高いものにしたり外壁に工夫を凝らしたりすることができるのです。
また、可変式の壁を採用することによって将来に備えた間取りにすることも可能です。
あるいは収納に工夫したりと、様々なアイデアを取り入れることによって住みやすく機能的な家とすることができるわけです。

建売り分譲住宅は、多くの人に快適に住めるよう最適化されたものですが、あくまでもパーソナルなものでは無いものです。
家にどのような機能を持たせるのかは人によって異なります。
そこで、それを購入者に選んでもらおうという住宅が人気を集めています。
分譲マンションでは普通に見られるものですが、建設の前に購入することで、間取りや建具などはもちろんのこと、オーダーメイドによる家具や収納なども取り付けることができるために、機能的で非常に住みやすい家にすることが可能となるわけです。
そしてその利点としては、価格が非常にリーズナブルである点が挙げられます。
注文住宅のように全てにおいて自由に選ぶことはできませんが、ある程度は住み心地を追求できるものです。