予算を決める

広い寝室

夢のマイホーム、もちろんお金が必要です。
ましてや建売住宅ではなく、注文住宅となると、家屋の建築費もかなりのものになってしまいます。
ハウスメーカーによって様々ですが有名どころのハウスメーカーでは建坪30坪前後で2,000万円は軽くいってしまうでしょう。
ではどのようにしたら建築コストを抑えられるのでしょうか。
基本的にはハウスメーカー独自の建築坪単価がありますので、消費者側で坪単価の値引き交渉をすることは不可能に近いです。
では、根本的に坪単価の安いメーカーを選べばよいのです。
いわゆるテレビコマーシャルなどで盛んに宣伝広告を展開しているお馴染みのハウスメーカーは、多少の差異こそあれその坪単価自体は高いです。

彼らは広告・宣伝費に莫大は費用をかけているので、当然その分も建設費に転嫁されてきます。
彼らの建築コストが高いのは上記の理由の他にもアフターサービスが充実しているなどの建物以外の付加価値もついています。
逆に考えると、広告・宣伝費等に莫大な費用をかけていないがしっかりとした施工をしてくれる、建設会社を選べば必然的に建築コストは抑えられる可能性が高くなるのです。
広告・宣伝力が違うというだけで、大手ハウスメーカーが特別な建築資材を使っているという訳ではありません。
であれば隠れた親切・丁寧な施工をしてくれる建設会社に建築を依頼すればいいのです。
その会社をどのように見つけるのかがポイントですが、地元の不動産会社に頼むとよいでしょう。